人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 高時給が魅力!テレフォンオペレーターってどんな仕事?

高時給が魅力!テレフォンオペレーターってどんな仕事?

jin1858

テレフォンオペレーターの仕事は、求人情報を見ていても高時給のことが多く、魅力的ですよね。でも、時給が高いということは「けっこうハードな仕事なのかな?」「厳しいノルマがあったりする?」と不安に思ってしまうこともあるでしょう。

では、テレフォンオペレーターとはどのような仕事なのでしょうか?

内容はさまざま!

「テレオペ」と言っても、内容にはいろいろあります。

問い合わせの対応などサポート業務をする
パソコンの調子が悪いときにコールセンターに電話したりしますよね。そのときに対応するのがサポート業務です。商品やサービスに関する知識を深めておく必要があります。

こちらから電話をかけて営業する
支給される名簿を見ながら電話をかけて、営業活動をするような仕事です。お客様にアポイントをとり、営業担当者に訪問してもらう、といった流れが基本。

通販などの注文受け付けをする
テレビ通販やネット通販の電話注文などを受け付ける仕事です。

他にも細かく分けるといろいろありますが、ざっくり分けるとこんな感じになります。

ノルマはある?

テレオペの仕事はノルマがあるところも多いです。はっきりと「ノルマ」という形ではなくても、受電率や成約率などを管理されるため、成績が悪いと居心地の悪い思いをすることも多いと思います。

仕事の忙しさはその職場にもよりますが、忙しい職場だと絶えず電話とその後処理で明け暮れて、トイレに行く時間もかなり限られる、ということも珍しくありません。

気が弱い人には向かない?

コールセンターと言うと、クレームの電話をしてくる人も多いです。自分が悪いわけではないのに怒られたり、自分は何もしていないのに謝らなくてはならないことも多いです。

また、問い合わせの電話でも、説明を理解できないお客様に怒られることもありますし、もしくはこちらが一生懸命説明してもなかなか理解してくれないお客様がいたりして、これはこれでツライですね。

もちろん、こちらから電話をかけてアポイントをとる、という仕事も大変です。電話をしてもアポイントを取れなければいけないので、なかなかアポイントが取れないと精神的につらくなってきます。

テレフォンオペレーターの仕事は気が弱い人、人が言ったことを真に受けるタイプの人にはあまり向かないです。「これが仕事だから」と割り切って考えられる人には向いています。また、気が強ぎる人にも向きません。テレフォンオペレーターの仕事では、お客様に丁寧に対応しなければなりませんし、忍耐強く話を聞くことも大切です。気が強くてお客様に反論してしまう人も、やめておいた方がいいでしょう。

融通がきき、人間関係もいい?

テレフォンオペレーターの仕事は、比較的時間の融通が利きやすい仕事として人気があります。職場によって「土日休み」のところもありますし、「夜だけ」というところもあります。自分の希望に合わせて職場を選べるのはいいですね。また、人数が多い職場の場合は休みもとりやすく、子供がいる人にも人気があります。

また、業務中はひたすら電話をするので孤独な戦いになりがちですが、ハードな仕事の分職場での仲間意識は強く、人間関係が良好なところは多いと言われています。

さらに、電話応対を徹底的に叩き込まれる仕事ですので、退職後も仕事で電話応対をする際には強みになるでしょう。

時給が高い分楽な仕事ではありませんが、やりがいのある仕事ですし、がいのある仕事をしたいという人にもおすすめの仕事ですよ。