人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 経理職に就きたい人におすすめの資格、日商簿記とは?

経理職に就きたい人におすすめの資格、日商簿記とは?

jin1856

簿記の資格を持っていると、経理職に就職する際に有利になります。とは言え、「そもそも簿記って何?」という人もいると思いますので、どのような資格なのかを紹介したいと思います!

日商簿記とは?

簿記とは、帳簿に記入することです。お金の流れや資産状況などを表に記入して、把握するためのもの。

個人商店でも、簿記の知識がなければ経営が上手くいきません。どんぶり勘定だとお店がつぶれてしまうことがありますが、簿記の知識があれば店の経済状況がよく分かり、無茶な設備投資をしたり無茶な値下げ・値上げをするといったミスがなくなります。

大きな会社でも、簿記は必須です。経理担当の人は、簿記の知識をもとに経理業務をおこなっています。また、一般家庭の主婦の方にも、簿記の知識があると家計の管理がうまくいきます。筆者自営業なので、簿記の知識をもとに自分で帳簿をつけています。

さらに、税理士・公認会計士の資格をとる際にも有利になります。簿記の知識を持っていることで税理士・公認会計士になるための勉強がスムーズに始められます。また、税理士は大卒じゃないと受験資格がありませんが、日商簿記1級を持っていれば大卒じゃなくても受験資格がもらえます。

昔と違い、今は会計ソフトがあるので必要事項を入力するだけで会計はできるのですが、それでも簿記の知識が無いと困ることは多々あります。ただ会計ソフトに入力するだけとは言っても、何をどこに入力するのか、ということは簿記の知識が無いと分からないからです。

簿記は経理の仕事をしている人に必要な資格と思われがちですが、実はすべての人にとって、簿記の知識があるということは強みになるんですよ。

3級から1級まであります

日商簿記の資格は3級から1級まであり、「3級合格者でないと2級が受けられない」といったこともないので、いきなり2級にチャレンジすることもできますし、3級と2級なら併願で受けることも可能です。

試験は年に3回あり、3級なら1~2か月勉強すれば十分合格できます。3級の合格率は4割程度になっていますが、しっかり勉強して挑めばほぼ合格できるので、気軽にチャレンジしてみましょう。

2級なら、3~4か月の勉強が必要だと言われています。その後、1級を受けるとしたら約半年の勉強期間があれば合格できます。もちろん必要な学習時間は人それぞれなので、忙しい人だともっとかかるかと思いますが、役に立つ資格なのに比較的カンタンに取れる資格なので、チャレンジして損することはないですよ。

勉強方法も、独学でも十分に合格できる可能性はありますし、もちろん通信講座や通学での勉強も選ぶことができますよ。