人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > スキルアップのためにとるといい資格ナンバーワン!?「MOS」とは?

スキルアップのためにとるといい資格ナンバーワン!?「MOS」とは?

jin1854

いい仕事に就くために、資格をとる人は多いですよね。でも、世の中には「なにそれ?」という資格もたくさんあり、中には資格をとってもまったく役に立たないようなものもあります。

どの資格があれば就職に強い?と悩んでしまうものですが、そんな人におすすめしたいのがMOSです。

MOSとは?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の略です。
Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookといったマイクロソフトオフィスの使い方がどの程度できるか、ということを証明するための資格です。

事務職などでは、応募条件に「Word、Excelが出来る方」なんて書かれていることも多いものですが、どの程度できれば「できる」と言っていいのか分かりませんよね。筆者も、資格がないせいで自信を持って「できます」と言えなかった経験があります。実際には、書類作成をすると周りにびっくりされるレベルの完成度・早さで作るので、Wordはエキスパートレベル、Excelはスペシャリストレベルではないかと予想しています。(実は資格持ってません)

わたしはMOSの資格は持っていませんが、今後仕事を探さなくてはならない状況になったら資格をとるだろうな、と思います。

MOSの資格は「どれぐらいワード・エクセルが使えるか?」という証明になるものですが、それだけではありません。試験に合格するには当然勉強しなければなりませんし、ワードやエクセルのスキル自体が身に付き、スキルアップにつながるのが魅力です。

多少使える人であっても、使いこなせていなければ書類作成にものすごく時間がかかったり、レイアウトが汚くなったりしてしまいますよね。今以上に早く、正確に、キレイに使いこなしたいなら、ぜひ勉強してみましょう。

試験の種類について

Microsoft Offieにはバージョンがあります。
今お使いのパソコンに入っているのは2010ですか?2013ですか?2007の人もいるかもしれません。バージョンによって使い方は異なるので、まずはどのバージョンで試験を受けるかを決める必要があります。今なら、2013を勉強するのがいいでしょう。

PowerPoint、Access、Outlookについては試験はバージョンごとに1種類のみで、合格すれば「スペシャリストレベル(一般)」ということになります。WordとExcelに関してはスペシャリストレベル(一般)エキスパートレベル(上級)の2種類があります。

受験料は、2013もしくは2010の場合は一つあたり9,800円です。せっかくなのでいろいろ受けてみたくなりますが、高いのでとりあえずは普段使っているバージョンのWord、Excelだけで十分かと思います。

MOSの資格が無くても働くことには何の問題もありませんが、採用時にはMOS資格を持っていることによって面接官に自分の事務スキルをアピールすることができ、採用されやすくなります。勉強してMOSの知識を深めておくと資格を取らなかったとしても何かと役に立つので、ぜひ勉強してみてくださいね。