人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 緊張せずに人と話すには?無理にポジティブにならないのがコツ!

緊張せずに人と話すには?無理にポジティブにならないのがコツ!

jin1806

働くうえでは、他人との関わりをなくすことはできませんよね。接客業でなくても、社内の人間とは話さなくてはなりませんし、そのことをストレスに感じている人もいるのではないでしょうか?

人と話すのが苦手な人は緊張してしまう

人と話すときに緊張してしまうという人は、緊張のあまりうまく話せないんですよね。そのため、ついぶっきらぼうな話し方をしてしまって「愛想のない人」「感じの悪い人」と誤解されてしまうこともあります。

誤解されてしまうと余計に相手に壁を感じさせてしまうので、話しにくくなってしまいます。

でも、だからと言って自分の性格を変えるのは簡単なことではありませんよね。人と話すのが得意な人は「普通に話せばいいのに」なんて簡単に言いますが、話すのが苦手な人にとっては簡単にできないものです。

自分の欠点を受け入れることが大事!

性格を変えようとしたり、無理に明るい人になろうとしても、性格の問題は簡単に解決することはできません。自分の欠点を乗り越えようとするのではなく、自分の欠点を受け入れた上で自分にできることをする方が、現実的な解決法だと言えます。

人と話すのが苦手で周りの人から「愛想が悪い人」と思われている人が、いきなり明るくフレンドリーな愛想のいい人に変わるというのはあまり現実的ではありませんよね。それよりも、愛想が悪い人、というキャラは受け入れつつも、その性格を抱えたまま他の人と仲良くなる努力をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、愛想が悪いというイメージを持たれている上に付き合いまで悪ければ、周りからの印象は悪くなってしまいます。でも、愛想が悪いながらも職場の飲み会などに定期的に参加していれば、徐々に話せる人も増えてくるはずです。

性格を変えなくてもうまくやれる!

人と話すのが苦手な性格をなんとかしたいと思っている人も、無理に性格を変える必要はありません。性格を変えるよりも、今の性格のまま、どうすれば仕事中も問題なくコミュニケーションがとれるかを考える方がいいですね。

たとえば、たくさん話さなくても誤解されることがないように、メールは丁寧に打つように心がける、電話の方が緊張しないのであれば電話を多用するなど、いろいろと方法はありますよね。

性格的に話すのが難しくても、そこでコミュニケーションをとることを諦めなければ、工夫次第で問題なくコミュニケーションをとることはできます。無理に性格を変えようとするのではなく、どのようにすれば今よりスムーズにコミュニケーションがとれるか考えて実践してみてくださいね。