人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > ワーキングマザーの切実な願い「もっと家の掃除をちゃんとしたい!」を叶える方法

ワーキングマザーの切実な願い「もっと家の掃除をちゃんとしたい!」を叶える方法

cd24

ワーキングマザーの中でも、がっつりフルタイムで働いている人は、本当に大変です。
筆者も、子供が生まれてからの期間の大半をフルタイムとして働いていますが、もう、本当に大変です!!!

毎日仕事と育児・家事だけであればまだいいのですが、子供がいるとどうしても「保護者会」など親が出て行かなくてはならないことや、「運動会」「参観日」といったイベントもあります。

するとあっという間に時間が足りなくなって、家の中はぐちゃぐちゃに……。

そこで、今回はフルタイムで働くワーキングマザーのみなさんが思っている、「もう少しちゃんと掃除したい!」という思いを叶える方法を紹介したいと思います。

掃除機からの卒業

掃除は、できる時間が限られています。
なぜなら、掃除機はうるさいからです。昔の掃除機に比べれば騒音もかなりカットされているように思いますが、それでも早朝や深夜に使えるようなものではありませんよね。特にマンションの場合は絶対に無理です。

そこでおすすめなのが、掃除機を使わない方法です。
掃除機を使わなくても掃除はできます。掃除機が無い時代の方が長かったのですから当然ですよね。

掃除機を使わずに掃除するために必要なのは、ホウキとフローリングワイパー、コロコロです。
この3つがあれば、掃除機を使わなくても、時間を選ばずいつでも掃除ができます。

掃除のやり方

基本の掃除は、ホウキでおこないます。
室内用のホウキを使って、カーペット以外の床はすべて掃除できます。

フローリングや畳の床はホウキで掃除して、さらにフローリングはフローリングワイパーやコロコロを使うとキレイになります。普段は、ホウキだけでも十分でしょう。コロコロは、フローリングワイパーのように柄の長いものを使うと楽ですよ。

カーペットの掃除は、忙しいときはコロコロで済ませて大丈夫です。
ただ、毛足の長いラグの場合はコロコロだけでは中に入り込んだホコリや髪の毛が取り除けないので、ブラシを使うのがおすすめです。筆者もいろいろ試してみましたが、衣類の毛玉取り用ブラシが使いやすいように思います。ブラッシングをすることで奥に入り込んだゴミまで取り除けて、掃除機をかけるよりもキレイになるのでおすすめです。

これなら、平日帰ってきてからでも掃除ができますし、子供が寝てからでも騒音を気にせず掃除ができます。もちろん、早朝に掃除することもできます。

掃除機をかけるのとほとんど時間は変わらない

「ホウキなんて使っていたら、余計に時間がかかりそう」と思われるかもしれませんがそうでもありません。たしかに、掃除機をかけるよりは少しだけ時間がかかります。2LDKの我が家で、1~2分の違いだと思います。

そもそも、掃除機だって時間がかかるものなんです。雑に丸く掃除機をかけている人はあっという間に掃除が終わるかもしれませんが、それは大雑把にゴミを取り除いているだけであって、ちゃんとキレイにできてるわけではないんです。

掃除機だって、丁寧にきちんとかければけっこう時間がかるもの。カーペットは縦方向に1往復、横方向に1往復、畳はすべて畳の目に沿って1往復、というように丁寧に掃除機をかけるのが正解です。

掃除機にしろホウキにしろ、丁寧に掃除していればメリットもあります。それは、ホコリをキレイに取り除けるので、棚や電化製品につくホコリが減らせるんです。床掃除をきちんとしていないと、ホコリが舞い上がって棚の上などにすぐ溜まります。床掃除をきちんとしていれば棚の上などのホコリが溜まりにくくなるので、結果としては掃除にかかる時間は少なくなるはずですよ。

ワーキングマザーでも家をキレイに維持している人っていますよね。そういう人は、掃除の仕方を工夫している人も多いです。みなさんもぜひ、掃除のやり方を変えてキレイに掃除してみてくださいね!