人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣社員のマネー管理 > 働く女性の貯蓄額!どれぐらい貯めておけば安心できる?

働く女性の貯蓄額!どれぐらい貯めておけば安心できる?

jin1791

仕事をしてお金を稼いでも、貯蓄ができていないという人は多いようです。
「貯金しなきゃ」と思ってはいても、なかなか難しいですよね。女性の平均年収は現在268万円と言われていますが、貯蓄額はどれぐらいなのでしょうか?

今回は、30代女性のマネー事情に迫ってみたいと思います!

働く女性の現在の貯蓄額

  • 0~99万円……10%
  • 100~299万円……27%
  • 300~499万円……17%
  • 500~799万円……18%
  • 800~999万円……10%
  • 1000万円以上……18%

いかがでしょうか?一番のボリュームゾーンは100~299万円。わりと貯めている人が多いようですね。そして、貯蓄額が1000万円以上という人が18%も!!30代でこれだけ貯めるには、とっても大変です。就職直後から計画的に貯蓄を続けてきた人のみが達成できる金額だと言えるでしょう。

30代女性の理想の貯蓄額とは?

  • 現時点……平均768万円
  • 65歳までに……平均3550万円

とりあえず、今の時点で「500万円ぐらいはほしい」と考えている人が多いようです。実際には30代で500万円以上の貯蓄がある人は全体の46%です。半数以上の人は、理想に届いていない、ということになりますね。

一方、定年退職する65歳の時点での理想は3550万円。老後資金として、これぐらいは貯めておかないと不安、という人が多いようです。実際、老後は年金収入のみになり、生活が苦しくなることが予想されます。それまでにある程度貯蓄が無いと、ゆとりある老後は送れないということになるでしょう。

しっかり貯金するには計画的に先取り貯蓄を!

「余ったお金を貯金していこう」と考えていても、お金は貯まりません。手元にお金があるとつい使ってしまうのが人間です。みなさんも、「今月は節約しよう」と思いながらもつい飲み会に誘われたら行ってしまったり、可愛い服を見つけたら買ってしまったり、ということがあるのではないでしょうか?

しっかり貯蓄をしていくには、このような後取り貯蓄ではなく、「先取り貯蓄」をしなければなりません。先取り貯蓄とは、お給料が入った時点で先に貯蓄分を取り分けておき、残ったお金で生活をやりくりする、というやり方です。

先取り貯蓄をする場合は、銀行の「積立定期預金」や、終身保険や個人年金保険といった生命保険商品など、自動振替で強制的にお金が貯まる仕組みを作るのがおすすめです。会社に財形貯蓄社内預金といった制度があれば、ぜひ利用しましょう。

そうして自動でお金が貯まる仕組みを作ることによって、三日坊主にならずに貯蓄を続けることができ、計画的にお金を貯めることができます。特に、今の時点で全然貯蓄が無いという人は、いますぐ「自動でお金が貯まる」仕組みを構築し、先取り貯蓄を始めてくださいね!