人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 「スキマ時間」の活用の仕方で仕事は一気に楽になる!

「スキマ時間」の活用の仕方で仕事は一気に楽になる!

ID1591

スキマ時間って、みなさん有効に使えていますか?

仕事が忙しいと、どうしてもいっぱいいっぱいになってしまって、自分のための時間を持つことができません。
仕事から帰ってくるとやりたいこともできないままお風呂に入って寝るだけ、という人も多いのではないでしょうか。

多くの人がスキマ時間をムダにしている!

たしかに、本当に忙しくてプライベートを犠牲にしなければならない人もいると思います。でも実際にはそういう人は多くなく、たいていは時間の使い方次第でまだまだ自分の時間を作ることができるものなんです。

時間を有効に使う方法の一つが、スキマ時間の活用です。

スキマ時間というのは、ちょっとした空き時間のことを言います。
電車を待っているあいだの時間、クライアントを待っているあいだの時間などなど、がっつり仕事をできるほどの時間はないけれど、5分10分といった空き時間って、けっこう多いんですよね。

この時間に何をするかによって、仕事の成果にも大きく差がついてくると言えるでしょう。

ゲームをする時間ではありません!

街に出てみると、スマホを触っている人の多さに驚きます。

しかし、仕事の効率を上げたい、仕事で評価されるようになりたい、と思うなら、とにかくスマホのゲームはやめましょう。1分でも時間があればゲームをしてしまう、という人は本当に多いです。
子供を叱る資格なんてないのでは?と思うほど、ゲームにハマってしまう大人って多いですよね。

スキマ時間はゲームをして過ごすのではなく、仕事中なのですから仕事をすべきではないでしょうか。その結果、仕事がうまくいって自分の評価も上がれば、ゲームでストレス発散する必要もなくなるはずですよ。

スキマ時間でできること

スキマ時間でできることはいろいろあります。

たとえば、「電話で問い合わせをする」というのもその一つ。
すぐに済むような電話であれば、スキマ時間に回したほうが仕事時間を圧迫せずに済みます。メールも同様です。PCで打ちたい長いメールは別ですが、社内メールなどで簡潔に済ませられるようなものは、スキマ時間に送っておく方が楽ですね。
「カフェでの待ち時間」など座っていられるときには、「手書きのお礼ハガキ作成」などもできます。

また、スケジュール管理、TO DOリストの整理などもスキマ時間にできます。
確認は数分もあれば十分ですから、わざわざ仕事の時間に組み込まなくても、スキマ時間でできてしまうことが多いのではないでしょうか。

スキマ時間を活用することで、時間のかかるタスクにじっくり取り組むことができますし、仕事が効率よく進めば早くに帰れてプライベートの時間を充実させられる上に周りからの評価も上がるので信頼を勝ち取ることができます。

スキマ時間を「ゲーム」や「目的の無いネットサーフィン」などで潰してしまうのはもったいないです。
ぜひ、スキマ時間を有効に使って仕事を効率よく進めてくださいね!