人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > ブラック企業かも!?面接でチェックすべきポイントとは

ブラック企業かも!?面接でチェックすべきポイントとは

ID2103

ここ数年、「ブラック企業」という言葉がよく使われるようになりました。みなさんの中にも、「ブラック企業だったから会社を辞めた」という人が多いのではないでしょうか?ブラック企業を退職して次の仕事を探す場合は特に、「次はブラック企業じゃないところで働きたい」と仕事探しも慎重に進める必要があります。

では、ブラック企業はどのように見分ければいいのでしょうか?ここでは、面接の際にブラック企業を見分ける方法を紹介したいと思います!
求人情報から見分ける方法はこちら⇒ハローワークの「カラ求人」や「ブラック企業」を見分ける方法

面接担当者と採用担当者が違う

採用するかどうかを決める人と、実際に面接をする人が違う場合があります。場合によっては担当者が違う場合もあるのですが、特に小規模な会社なのに担当者が違う場合は、注意が必要です。

実際に採用の権限が無い人が面接をしても、採用担当者は判断に迷いますよね。はじめから、採用する気もないのに面接をしている可能性が高いと思っても良いでしょう。筆者自身も、自分が働いていたところで、実際には採用の権限がないのに面接を担当させられたことがあります。

上司に信頼された上で任されたというわけではなく、むしろ上司との関係は悪かったのですが、なぜか面接を担当させられました。それでもわたしとしては真剣に面接をしたのですが、結局その上司は検討することもせず、わたしが詳細な報告をする前に「不採用通知送っておいて」と言われたのでびっくりしました。応募者にはとても申し訳ないことをしたと思いますが、こんな会社に入らなくて正解だったと言えると思います。

仮に、このような会社に採用されてしまうと後悔する可能性も高いので、面接の担当者がどういう人なのか、しっかり確認しましょう。ちなみに筆者が面接を担当した会社では、事業所の社員数が5人で、筆者の役職はチーフでした。このような小規模な職場にも関わらず事業所の長が面接を担当しない場合は警戒した方がいいですね。

面接での態度が横柄

エラそうな面接官の場合は、その時点でブラック企業である可能性が高いと思ってもいいでしょう。面接というのは、会社が応募者を一方的に審査する場ではなく、双方が対等な立場でいるべきです。会社は、「この人はうちの会社にふさわしいか」を確認し、応募者は「この会社は、自分にふさわしいか」を確認する場ですから、会社側がやたら横柄な態度をとるというのは間違っています。

このような会社の場合は入社してからもえばり腐っている上司がいたり、社長崇拝がすごかったりとブラック企業の要素が満載の可能性が高いので、たとえ採用されたとしても辞退した方がいいかもしれませんね。

態度が横柄なだけでなく、質問内容に問題がある場合も同様です。たとえば、家族構成に関する質問など、直接採用に関係ないことを聞かれた場合は注意しましょう。コンプライアンス意識が低く、入社後も違法ギリギリのことをしていたり、思いっきり違法行為がまかり通っていたりすることもあり、後悔するかもしれません。

業務内容等の説明をしない

上記でも述べたとおり、面接というのは応募者がその会社について知る機会でもあります。にも関わらず、会社側が一方的に応募者を審査するような内容の面接をする会社は、ブラック企業の可能性があります。

どういう会社なのか、どういう仕事内容なのか、給与体系はどうなっているのかなど、なにも説明が無いような場合は、警戒した方がいいかもしれませんね。

このような会社の場合、入社したとしても思っていた業務内容を違ったり、求人情報に書かれている給与と違ったりすることもありますから、会社側から説明が無い場合はこちらからしっかり確認しましょう。もし、質問しても曖昧な回答をする場合は、採用されても入社しない方が身のためかもしれません。

電話応対が悪い

面接の日時を決めるための電話、もしくは問い合わせの電話などで、対応が悪い会社は要注意です。電話の場合は事務員など直接採用には関わっていない人が応対することも少なくありませんが、普段電話応対をしているはずの事務員の対応が悪いという場合は会社そのもののレベルが低いと言っても過言ではありません。

ブラック企業とまではいかないかもしれませんが、電話応対が悪い会社は良い会社とは言えないので、働いたとしても不満が溜まったり、もしくは会社が倒産してしまったりしてまた仕事を探さなくてはならなくなる可能性が高いと言えるでしょう。

仕事探しは慎重に!

アベノミクスの影響もあってか、少しずつ求人も増えていますし、失業率も改善しています。「どんな会社でもいい、多少ブラックでも仕方ない」と思って仕事を探す必要はありません。

焦って仕事を決めてしまっても、入社した会社がブラック企業だったら結局すぐに仕事を探し直さなくてはならなくなるでしょう。そうなれば時間もムダになりますから、入社する前に、求人情報をしっかり確認し、面接や電話応対の様子も注意深く観察した上で、問題がありそうな会社は避けるようにしましょうね。