人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > ハローワークの「カラ求人」や「ブラック企業」を見分ける方法

ハローワークの「カラ求人」や「ブラック企業」を見分ける方法

ID2088

ハローワークで募集している求人情報の中には、カラ求人やブラック企業も多いと言われています。せっかくがんばって仕事を探そうとしているのに、カラ求人と気づかずに応募して何度も不採用になったり、やっと仕事が決まったと思ったらブラック企業だったり……そんな事態を避けるためには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、カラ求人やブラック企業の見分け方を紹介したいと思います!

まずはネットで検索!

気になる求人情報があれば、まずはその会社名を検索するのがおすすめです。ネットで検索してみると、2chをはじめとした掲示板での口コミが見つかることがあります。ネットの掲示板は基本的に鵜呑みにしてはいけないのですべて参考にすべきということはありませんが、あまりにも悪評がひどい場合は、ほぼブラック企業だと思って間違いないでしょう。もしくは、カラ求人を出している会社として有名なところかもしれません。

ブラック企業と言われる企業の中にも実際には普通の企業だったり、人によっては合う場合もあるので一概に避けるべきということはありませんし、それでも気になるなら応募してみても良いでしょう。ただし、ブラック企業の疑いがある場合は面接でのやりとりや社内の雰囲気なども注意深く観察するようにしてくださいね。

つねに求人情報を掲載している

数か月間にわたってハローワーク通いをしていると、「あれ?この会社まだ募集してるの?」というものをたびたび見つけることがあります。こういった求人は、カラ求人の可能性が高いです。自分が応募して不採用になった企業でも、ずっと募集し続けているようなところがあるかもしれませんが、そういう求人を見つけたときには「カラ求人だったのかな」と思えば気が楽になりますね。

また、ブラック企業で離職率が高いからつねに求人を出している、という会社もあります。たとえば保険会社のセールスレディの仕事なんかは、年がら年中求人情報を掲載しているところもあります。筆者は保険会社での勤務経験もあり、別にブラックとも思わなかったのですが、たしかに離職率は高い仕事です。ノルマが厳しい・休日出勤があるなど人によってはブラックと感じるかもしれませんが、大量に採用して大量に離職があるような仕事だからこそ、年がら年中求人を出しているわけですね。

社員数に対して募集人数が多い

カラ求人の特徴として多いのがこれです。ハローワークの求人情報には社員数も掲載されていますが、社員数が10人の小さな会社なのに、募集人数が「5名程度」と書かれていれば、「なんで?」ってなりませんか?中には「新店舗オープンのため」というようにもっともな理由があって募集人数が多くなっていることもありますが、もっともな理由もなく募集人数が妙に多い求人は、実際には採用する気はなくカラ求人の可能性があるということを知っておきましょう。

ハードルが低い

「未経験可」「年齢不問」「経歴不問」というように、誰でもOK!!ぐらいの勢いで条件が緩いにも関わらず、妙に給料が高い、という場合は要注意です。実際にはその給料がもらえなかったり、そもそもカラ求人だったりと、ロクな会社でない可能性が高いです。

応募数を増やすためにこのような緩い条件で好条件の求人情報を掲載しているわけで、実際にはそんな仕事は存在しないと思った方がいいでしょう。仮に採用されても、「まずは時給800円から」というように給料の条件が違ったり、めちゃくちゃなハードワークだったりと、「騙された……」と感じることになるかもしれませんよ。

条件が曖昧すぎる

求人方法に掲載されている内容には、給与や休日についてなど、いろいろ書かれていますよね。でも、「これ書く意味ある?」というぐらい、曖昧な書き方しかされていないことがあります。

たとえば、給料が「16万円~32万円」というように書かれていた場合、上限と下限に差がありすぎる場合、まず32万円はもらえないでしょう。「はじめは16万円でも、ゆくゆくは32万円まで上がったらいいな♪」と思っていても、一向に昇給せずず~っと16万円のまま、ということも珍しくありませんし、ひどい場合はそもそも16万円すらもらなかったりもします。

募集内容に曖昧な書き方が多い場合は、警戒した方がいいと言えるでしょう。

カラ求人やブラック企業求人に時間を盗られないためには?

応募した求人がカラ求人やブラック企業求人だったりすると、せっかく応募したのにその時間が無駄になってしまいますよね。中には、書類選考で履歴書を送付したのに一向に連絡が無いとか、面接後も連絡がなく何日ものあいだ待たなくてはならないこともあります。

時間を無駄にしないためには、面倒くさくても応募する前に応募先の会社について調べておき、カラ求人やブラック企業でないかどうかを確認するのがおすすめです。これを面倒くさがって「とりあえず応募しておこう」と思ってしまうと、結局は余計に時間が無駄になって転職先を見つけるのに時間がかかってしまうので、あらかじめ調べておいて、カラ求人やブラック企業求人を避けるようにしてくださいね!