人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 焦って転職して後悔しないために……応募前に考えておきたいこと

焦って転職して後悔しないために……応募前に考えておきたいこと

ID2031

転職活動をすると言っても、退職後は収入が途絶えるのであまり悠長に探していられるわけではありません。「無収入の状態が続くのは怖い」と、焦って転職先を決めてしまう人も多いのではないでしょうか?

焦って決めると後悔するかも!

転職先を焦って決めてしまったばかりに、転職後すぐに後悔してまたすぐに転職することになる人もいます。これだと時間もムダになりますし、履歴書に書く職歴も無駄に1つ増えてしまうので今後の転職にも不利になる可能性があります。

「すぐに働かなくちゃ」と焦る気持ちから、自分の適性ややりたいことを無視して、「とにかく片っ端から応募して、1番最初に採用してくれたところに決める」というやり方をしてはいけません。新卒の就職活動にも言えることですが、働きたくないところや、働いたところで給料が低い・休日が少ないなどの難点がある場合は、採用されたとしてもその後働き続けることは難しいものです。多少の妥協は必要だとしても、思いっきり妥協するのはやめた方がいいでしょう。

たとえば、本当は自分が持っている簿記の資格を活かして経理事務の仕事に就きたいのに、早く仕事を決めなくてはと焦ってコンビニのアルバイトに決めてしまう、なんていうのはもったいない感じがしますよね。

また数年後に転職するとなった場合でも、コンビニバイトに比べると経理事務の経験がある方がかなり有利となるでしょう。

いつまでに転職しないといけないのかを考えよう

転職後に後悔しないためには、まず自分がいつまでに転職しなければならないのかをしっかり考えておきましょう。「早ければ早いほどいい」という気持ちはわかりますが、具体的なデッドラインを知っておかないと、まだ焦る必要はないのに焦ってしまって結局後悔することになりかねません。

いつまでに仕事を決めないといけないのかは、今あるお金や失業手当などの収入によって変わります。たとえば、勤務先の倒産などで退職を余儀なくされた場合は退職後すぐに失業手当の受給が可能です。勤務期間によって失業手当を受給できる期間は変わりますが、もし3か月間受給できるとしたらそのあいだは何とかなりますね。

さらに、貯蓄がどの程度あるか、というのも関係してきます。貯金ゼロで失業手当のみ、という場合は、失業手当の受給期間内に仕事を見つける必要があります。

また、自己都合での退職の場合は失業手当を受給できるまでに3か月の待機期間があります。退職してから3か月後まで貯金がもたないという場合は、それまでに仕事を探さなくてはなりません。もし、失業手当までの期間を食いつなげるだけの貯金があるなら、失業手当の受給期間が終了するまでは仕事が見つからなくてもなんとかなるので、じっくり仕事を探すことができますね。

「この会社で本当にいいのか?」考えよう

転職先を焦って決めて失敗しないためには、応募する前にじっくり考える必要があります。まったく自分に向いていなさそうな仕事に決めても、後悔する可能性が高いです。

もちろん、お金がなくて本当に切羽詰まってきたらそうも言っていられませんが、まだ焦って決める段階でないあいだは、自分がやりたい仕事、自分のためになる仕事を優先的に探すようにしましょう。

今は転職をする人も珍しくありませんが、それでも短期間に頻繁に転職を繰り返していると「仕事が長続きしない人」と思われ、次の仕事を見つけにくくなってしまいます。

応募前に、その会社で本当にやっていけるのか、その仕事が自分にとって良い経験になるのか、といったことを考えるようにしてくださいね。