人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 「今すぐやる」クセをつけるための練習方法

「今すぐやる」クセをつけるための練習方法

ID1591

仕事をしっかりこなすためには、後回し癖をやめて「今すぐやる」クセをつけることが大切です。仕事をすぐに片づける人というのは仕事を後回しにする人に比べるとこなせる仕事の量も多く、人によっては他の人の何倍もの量の仕事をこなしています。

それだけ仕事をしていれば当然スキルも経験も上がり、評価されやすく、昇進しやすいですし、転職する場合も有利になるでしょう。

でも、「今すぐやった方がいいと分かっていてもできない」という人も多いですよね。では、どうすれば「今すぐやる」クセがつくのでしょうか?

書類整理から始めよう

おすすめは、書類整理から始める方法です。しかも、仕事関係ではなく自宅での書類整理に力を入れてみましょう。

とりあえずやってみてほしいのは、ポストに入っている郵便物の整理です。帰宅する時にポストに入っているチラシや郵便物を取り出したあと、あなたはどうしていますか?ダイニングテーブルなどに置きっぱなしにしていませんか?

こうした郵便物も、置きっぱなしにしているとどんどん溜まってきて大きな山が出来上がります。仕事も同じで、少しの量であってもどんどん溜まっていくと、いつのまにか大きな山になってしまいます。

郵便物は、帰宅後すぐに目を通し、処理していきましょう。

  • 明らかにいらないチラシはすぐに捨てる
  • 封筒は開封して中身を確認する
  • 不要な郵便物は捨てる
  • 確認に時間がかかるものは「あとで確認する」ために所定の位置に置く
  • 保管が必要なものは「保管」のための所定の場所に置く
  • 出欠確認など返送が必要なものはすぐに記入し投函できる状態にしてバッグに入れる

このように、ポストの中身をすぐに整理するクセをつけると、仕事に対しても「今すぐやる」という意識を持ちやすくなります。書類整理ぐらいだと手軽に取り掛かれますし、できないときがあっても大した問題ではありませんから、いいですよね。

とにもかくにも、始めてみることが大切ですよ。

家事だって、すぐにやろう!

さらに、日常の家事、後回しにしてしまうことも多いと思いますが、すぐにやるように意識してみてはいかがでしょうか?食器洗いや洗濯など、すぐにできる人もいれば、「面倒くさい」「疲れた……」と、後回しにしてしまう人もいますよね。

仕事で疲れていれば家事が多少おろそかになってしまうことは仕方のないことではありますが、仕事をすぐやれる人になるために、練習として家事をすぐにやるようにするのはおすすめです。

日常の家事だけでなく、季節ごとに発生する家事もすぐにやるのがおすすめです。
たとえば冬物のダウンジャケットやカーペットのクリーニング。「クリーニングに出そう」と思いながらも後回しにしてしまって、すっかり暖かくなってきてからやっとクリーニングに出す、という人も多いのではないでしょうか?また、エアコンの掃除や衣替えなど、後回しにしてギリギリになって慌ててやる、というのが定番になっている人は、これらの家事もすぐやるように意識してみてください。

仕事と違って、家事はやらなくても死ぬわけではありませんし、後回しにしても大丈夫なものです。だからこそ、気軽に取り掛かれるのがいいところです。

なんでも今すぐやろう!

仕事を今すぐできる人になろうと思うのであれば、普段の生活でもやるべきことをすぐできるようにいておくべきです。

筆者はなんでもすぐにやるタイプです。なぜなら、後回しにすると頭の端の方にごちゃごちゃとやるべきことがちらついて、今やるべきことに集中できないのです。この「雑務がちらつく感じ」を不快に思うからこそ、家事でも仕事でも、やるべきことはすぐやるようにしています。

どんどん今すぐやるようにしていくと、頭の片隅にやるべきことがちらつくことが無いので、より効率的にやるべきことに集中できるというメリットがあります。仕事だけでなく、生活全般に関して、後回しクセをやめて今すぐやるようにすると、生活全般がうまくまわるようになりますよ。

すると、仕事がうまくいくだけでなく、プライベートでも時間をうまくつかえるようになり、自分のための時間も増えます。後回し癖のある人にとっては「今すぐやる」というのは難しいものだと思いますが、少しずつ練習すれば着実に変わってきます。(筆者ももともとはなんでも後回しにするタイプです)

今すぐやるクセをつけるために、まずは簡単な方法から試してみてくださいね!