人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > イオン系列のディスカウントショップでアルバイト

イオン系列のディスカウントショップでアルバイト

baito14

新聞の折り込みチラシでイオンの学生アルバイト募集に応募

イオン系列のディスカウントショップで働いていました。

新聞の折り込みチラシの求人情報でイオンの中にある店舗で「学生アルバイト募集」という求人を見つけました。

勤務地のイオンへは家から自転車で5分という距離だったので、迷うことなく応募しました。

2年間働きましたが、最初の半年は学業のことを考えて土日のみ、7時間勤務で入っていました。

半年後、大丈夫だと思い平日もシフトに入れる時は勤務していました。土日は基本的に9時から17時で、平日は17時から20時でした。

時給は朝が750円で、17時からは850円、日曜祝日はそれぞれ100円が上乗せでした。

アルバイトでも社員割引が利く、休憩時間に友人と買い物するのが楽しかった

ディスカウントストアは新規オープンしてからまだ2年という新しい店舗だったので、働く環境はとても良かったです。

トイレや休憩室は清潔で、警備員さんが常駐していたので万引きも少なかったようです。

また、店長さんも年齢が近く周りのパートさんやバイトの方々も同じ年や中学校の先輩後輩だったので、勤務が終った閉店後によく遊びに行きました。

まだアメリカ式の郊外型スーパーが少なかった時代だったので、休憩時間に友人たちとイオン内の店舗を買い物するのが楽しかったです。

雇用形態はバイトですが、社員割引も利くきました。とにかく友人たちと楽しく仕事ができたということが良い思い出です。

お客様の値段チェックが厳しく、値段が間違えているというクレームがあった

言ってみれば安売り商品のお店だったので、お客様の値段チェックが厳しく、商品の値段が間違えている!というクレームがよくありました。「値札がズレていて申し訳ありません。こちらが正規の値段でして」と言っても納得していただけず、怒られるので「今回だけですが」とお客様の言い値で商品を販売したことが、1度だけありました。

また「店員はどこ?」と言って販売スタッフを手足のように使うお客さんもいました。品数が膨大だったので、商品の棚卸の時は、ほぼ丸一日働いている時もありました。

接客業をやるならおもてなしの精神を忘れずに

私がアルバイトをしていたのは10年以上も前なので転職の参考にならないかもしれませんが、最近のアルバイトさんは私語が多いのと、笑顔での接客がとにかく少ないと感じています。

嫌なお客様が来るのもわかります。とにかく何人ものお客さんの対応をしなければいけないので、マニュアル通りにしているのも分かります。

しかし、学生の方が社会に出てサービス業に就くとさらに大変だと思います。

私も社会に出て、自分の考えが甘かった事を痛感しました。

日本の接客は世界一だと思っています。今よく言われているおもてなしの精神も受け継いでいってもらいたい、と考えています。大変なことも多々あると思いますが、長期的に考えて学生時代の接客業経験は必ず今後の仕事に役に立ちます。

お金を戴くことも大事なことだと思いますが、接客のアルバイトに就く方は、人とのコミュニケーションの中で接客業の楽しさを感じてもらえたらと思っています。