人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 年末年始に郵便局で短期のアルバイトをした体験談

年末年始に郵便局で短期のアルバイトをした体験談

baito05

高校生の場合は、指定された時間しかアルバイトできません

高校生の時、郵便局で短期バイトをしていました。年末年始の年賀ハガキの仕分け作業です。

少しでも収入が欲しかったので、郵便局バイトを始めようと思いました。

自分が通っていた学校は、長期の休みが取れない限りアルバイトをすることができないので、この機会がアルバイトできる数少ないチャンスでした。

アルバイトは高校1年から3年まで年賀郵便物がある冬のみやっていました。高校3年は教習所に行っていたのでそんなに長い期間できませんでしたが。

郵便局のアルバイトは、事前にアルバイト募集のハガキが来るのでそれに必要事項を書いて返信するだけです。

高校生は、指定された時間しか働けません。

基本的に面接などはありませんが、事前に説明会に行かなければいけません。説明会に出席していなかった場合、別途に話を聞くか、諦めるしかないそうです。(自分はそんなことは無かったので分かりません)

基本的に1日4時間が限度で、正確な金額は忘れましたが、時給は750円だったと思います。

毎日働くこともできるらしいですが、基本は週5日です。私も週5日アルバイトをしていました。日曜日と年末年始の勤務はありませんでした。

現場で仕事の経験を積め、新しい友達もできた

高校卒業後すぐに就職することを決めていたので、現場で仕事の経験を積むことができたのが良かったです。

他の人とコミュニケーションを取ったり、同じ作業を何度も繰り返すことを経験することで、その後の就職に活かすことができました。

仕事自体はそんなに厳しいこともなく、他の友達と休憩中に話ができたので、特に苦もなく楽しく仕事に取り組むことができました。

アルバイトを通じて新しい友達もできたので、やって良かったと思っています。

立ち仕事で同じ作業の繰り返しだったので体力的に厳しかった

主に区分機の機械で郵便番号が判別できなかった年賀はがきや郵便物を地域別の区分に仕分けするのですが、同じ作業の繰り返しの上、立ち仕事なので体力的に厳しかったです。慣れるまでは足が痛くなりました。就職後はこれくらい当たり前のことなんですけどね。

体に異常を感じると、集中力が続かなくなって仕分けミスをしそうになることも多かったです。働き始めて数日は、郵便物の入ったケースを棚へ移動させるのが重たくて辛いなとも感じました。郵便局の職員さんは慣れてるので作業も早くついていけませんでした。ハガキの仕分け作業といっても決して楽な仕事ではなかったです。

アルバイトは正社員と同じ仕事が求められるので手を抜かない

短期のアルバイトであれば郵便局で働くと良いと思います。郵便局バイトは仕分け作業と配達があります。時給は最低賃金ギリギリくらいで安いですが、難しい仕事もないので精神的に楽に働けます。一般の人は長期的なアルバイトを要請されることもあるので、1度話を聞いてみるといいかもしれません。

長期のアルバイトを探すなら、ハローワークでパートを探すか、アルバイト求人サイトを利用して面接を受けるのが近道だと思います。稀に店で話を聞けばアルバイトが出来るところもあるので、それを探してみるのもいいかもしれません。

アルバイトは正社員と同じ仕事を求められます。バイトだからと言って手を抜くようなことはしないでください。きちんと仕事をしていれば、必ずそれに応じた見返りがあるはずです。