人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > とんかつ屋のホールスタッフとしてアルバイト

とんかつ屋のホールスタッフとしてアルバイト

baito03

アルキタというアルバイト情報サイトの求人でした

大学生の頃、自宅の最寄り駅近くのとんかつ屋でアルバイトをしました。募集内容がホールスタッフで接客業務、配膳、レジなどを担当していました。このアルバイトはアルキタというアルバイト情報サイトに掲載されていた求人でした。

希望の時給や時間帯、勤務地と言った条件面から探したかったので、絞り込み検索ができる求人情報サイトで探していました。

雇用形態はアルバイトで、勤務時間は平日は夕方~閉店までの4時間ほど。休日は昼~夜までの6時間ほど働いていました。

給与は月6万円ほどで、好きな物を買ったり貯金をしたりしていました。

平日は講義が終わった夕方~閉店までの時間帯で働いていたので、同じような働き方の同年代の学生たちと仲良くなれたことが一番楽しかったです。

アルバイト歴が最も長い先輩がとても向上心のある方で、仕事終わりにファーストフード店で雑談しながらより良いサービスを提供するための案をホールスタッフみんなで出し合ったりして、楽しく仕事ができました。

同年代が多かったので仕事で分からないことがあれば気軽に聞くこともできて、積極的に働けたのではないかと思います。

このとんかつ屋でのアルバイトが初めてのアルバイトだったのですが、数年経った今でも人間関係が良いので、仕事をする上で重視すべき点だと思っています。

正社員からの引き継ぎや指示が曖昧で仕事がやりにくかった

仕事内容は接客業やサービス業に限らず、お客様へスムーズにサービス提供することはとても重要です。そのためにはスタッフ全員が情報を共有し協力して連携することが大切です。

魅力的な方々ばかりに囲まれ、まらその中に積極的に入っていけるような環境だったので私も生き々と仕事ができたと思います。

また条件が合い決めたアルバイトでしたが接客業が合っていたようで、声を出したり動くことがとても楽しかったです。

お会計の際、お客様に「ご馳走様」と言っていただけることも大きな励みになり、長く続けることができました。

飲食店だったので休日の夜はお待たせしてしまうこともあり、仕方がないこととは言えどうしようもできなかったこともあります。途中からホールスタッフ以外の業務に移ることになった時は少々理不尽でした。業務内容が厨房とホールの間にあたり、以前は2名の男性キッチンスタッフがいたのですが2人とも辞めてしまったのです。

キッチン業務は力仕事も多く女性スタッフでは力不足なこともある仕事内容だったのですが、正社員の意向で男性スタッフを募集することはなく、私たちホールスタッフがその業務を担当することになりました。

また、引き継ぎがなく、分からないことはその都度聞かなければならず、忙しい時間帯は必死に回さなければならなかったので、精神的にも疲労が大きかったです。

学生アルバイトだったからなのか正社員からの引き継ぎや指示が曖昧なことも多くあり、仕事がやりにくかったです。

接客業のアルバイトで培える言葉遣いや振る舞いは社会人になってからも役立つ

接客業のアルバイトは、一緒に働く人だけではなく多くのお客様の応対をすることになり大変なことも確かに多いです。しかし接客業のアルバイトで培える言葉遣いや振る舞いは、学生から社会人になるにあたりとても役立ちます。

実際、私も就職活動の面接練習では言葉遣いを褒めていただけ、エントリーシートの内容だけに集中できたことが良かったです。特に初めてアルバイトをしようとしている学生には、接客業を是非おすすめしたいと思います。