人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 運送屋さんで、配送助手のアルバイト

運送屋さんで、配送助手のアルバイト

baito13


運送の配送助手アルバイト、お客様からご祝儀がもらえることも

運送屋さんで配送助手バイトをしていました。

バイト求人情報をどうやって探したかというと、日曜日の新聞折り込み広告のバイト求人情報やを探インターネットで検索しました。

私はこのアルバイトを高校3年生から大学4年まで、ほぼ毎週末と春休みや夏休みなどの期間に勤務しました。

給与は、最初の頃は日給7500円だったのですが、辞める頃には日給が9000円まで上がっていました。

また給与とは別に、お客様からご祝儀を頂けたことも他のバイトとの違いだと思います。

給与とは別に1日20000円も頂けることもあり、とても嬉しかったです。

配送の仕事はいろいろな場所へ行けたり、いろいろなお宅に入れて楽しい

仕事内容は個人宅への家具の配送助手の業務だったのですが、いろいろな家に入れること、また大阪府だけではなく他府県にも行けたことが楽しかったです。

一番遠かったのは福岡県までの配達で、夜10時頃出発し搬入先に朝6時ごろ到着。午前中で作業が終わり、それから仮眠してその翌日の夕方頃に帰ってきました。とても腰が痛くなりましたが、1件の配達で給料が普通のバイトの3日分出て、学生だったのでとても良かったです。

配送業務が終わってからですが、道の駅にある足湯などにも浸ったりして、とても楽しかったです。

また2人1組で配達先を回るので、一緒に配送する方の色々な話を聞けたこともとても楽しかったと思います。

クレーマーの対応は大変だったが、その経験は今の仕事で役に立っている

イマイチだったことはたくさんありますが、やはり個人宅への配達ですからお客様からのクレームが細かいという事です。

一番びっくりしたのは、通ってない廊下に傷が付いているというクレームです。

結局は言いがかりだったのですが、そのような方もいるということを知る経験ができて良かったと思います。

よくクレーマーのお客様への対応業務をしていたので、現在の不動産業の仕事でも役立っていると思います。

良さそうなアルバイトを見つけたらまずは面接を受け雰囲気を見る

これからアルバイトをしようと思っている方へのアドバイスですが、とりあえず気になるアルバイトがあれば電話し面接を受けに行ってみてください。

面接の雰囲気を見て自分から辞退することもできますし、働いたらどうかな?とか自分自身で思っていても何も始まりませんので即座に応募する事をお勧めいたします。

応募しないと何も始まりませんので、とりあえず思い立ったら即行動!で行動されてみてはいかがでしょうか。”