人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > けっこうおすすめ!「仕事に対する姿勢」を書けば、採用されやすくなる!

けっこうおすすめ!「仕事に対する姿勢」を書けば、採用されやすくなる!

ID895

履歴書は、あなたの魅力を伝えるための大切な書類です。

この履歴書の書き方で、採用されるかどうかの大半が決まってしまうと言っても良いでしょう。
もちろん、書類選考がなく面接当日に履歴書持参という場合は面接での受け答えが重視されることは間違いありませんが、面接では緊張して自分の良さを出しきれない人の方が多いですし、それをリカバーしてくれるのが履歴書だと思えば、決して手を抜くことはできません。

ここでは、履歴書にぜひとも書いておきたい「仕事に対する姿勢」についてご紹介したいと思います。

志望動機欄に「仕事に対する姿勢」を書こう

履歴書の右下あたりには、志望動機を書く欄がありますよね。ここには、志望動機意外にもアピールポイントを書くことができます。ここに、「仕事に対する姿勢」を記しておくことで、採用担当者もあなたの人柄を知りやすくなるのです。

具体的な書き方としては、

【志望動機】

【仕事に対する姿勢】

というように、項目を分けて書くのがおすすめです。
これなら、文章の構成力に自信が無い人でも書きやすくなります。

本来は、志望動機の中に「仕事に対する姿勢」を書くのが理想ではあります。
たとえば、

「わたしは、○○という経験があります。また、仕事中には○○するように常に心がけ、周りからも「○○ができる」と評価してもらうことができました。このような性格とわたしの経験が貴社のお役に立てるのではないかと思い、応募させていただきました。」

というような書き方です。これなら、志望動機と仕事に対する姿勢が併せて述べられておりすっきりとした文章になりますね。
ただ、文章力に自信が無い人は、むやみにまとめようとすると支離滅裂になったり読みにくい文章になって逆効果になってしまいます。

履歴書で大切なのは立派な文章を書くことではなくて、分かりやすい文章を書くことなのですから、それならばはじめから項目を分けて、シンプルな文章にした方がいいんです。

仕事に対する姿勢の書き方例

仕事に対する姿勢は、まずは自分で思いつくことを書きだしてみましょう。

たとえば、

・書類整理をちゃんとやる
・ひまなときでもだらだらしないで他にやることを探す

ということを思いついたとします。
これを、さらに履歴書向けに具体的かつ、キレイな文にしてみます。

・書類整理をきちんとするタイプで、不要な書類は早めに処分、必要な書類はカテゴリごとにファイリングする
・手が空いた時にも「他にすべきことはないか?」と仕事を探し、つねに動くようにしている

文章力に自信が無いという人は、上記のように箇条書きで書いても良いでしょう。
「箇条書き」は、文章力に自信が無い人でも分かりやすく伝えることができる最適な書き方です。

さらに、文章としてまとめると、このようになります。

「わたしは、書類整理に対しては自信があります。不要な書類は早めに処分し、必要な書類はカテゴリごとにファイリングするなど、必要な情報が必要なときにすぐに取り出せるように工夫します。また、自分が手が空いているときにも『他にすべきことはないか?』と仕事を探し、他の人の手伝いやオフィス内の清掃をするなど、つねに動くように心がけています。」

面接用のエピソードも用意しておこう

履歴書を見ただけでも、上記のように書いておけば仕事に対する姿勢が伝わりやすくなり、採用担当者としてもあなたが実際に入社したあとの働きぶりが想像しやすくなります。

そして、面接の際にはさらに補足説明をできるように準備しておくのがおすすめです。
聞かれるかどうかはわかりませんが、もし仕事に対する姿勢の話になれば、履歴書に書いた内容をさらに掘り下げて、さらに具体的に話せるように実際にエピソードを用意しておくのがおすすめです。

たとえば、

「つねに仕事を探す、ということは、学生時代の初めてのアルバイトで教わったことです。レジのアルバイトでしたが、お客様がいないときであっても常に時給は発生しているのだから、レジ台の清掃や袋補充、商品の前出しなどをするように言われました。その後の就職先でもこの感覚は身についていて、時給制だろうがなかろうが、会社はわたしがだらだらするためにお給料を払っているのではないのだから、すべきことがあるならそれを自分で探してすべきだ、と思うようになりました。」

というように、文字にすると長くなりすぎてしまいますが、実際に話すのであればあっという間です。
ここまで話せばより具体的に伝わりますし、採用担当者としてもより具体的にあなたの働きぶりが想像できるのではないでしょうか。

職場の雰囲気に合わせることは忘れないで!

ただ、いくら「仕事に対する姿勢」がアピールになるとは言え、応募先の職場に合わないような内容ではあまり意味がありません。上記で紹介したような書類整理に関することやだらだらしない、というようなことについてはどのような職場でも使えると思います。

オフィスワーク以外でも、たとえばサービス業などであってもある程度の書類関係はありますし、しかもオフィスワーク以外の職場の場合はまったく書類整理がされておらずぐちゃぐちゃになっていることも珍しくないので、書類整理が得意な人というのは魅力的です。

でも、たとえば介護職なのに、「わたしは若い人と打ち解けるのが早いです!」みたいなアピールをしてもあまり意味はなさそうですよね。関係ないことを書いてしまうと、いくら自分の長所であっても「この人、履歴書使いまわしてるのかな?」なんて思われてしまう可能性もあります。

そういうことがないように、仕事に対する姿勢を書く時には応募先の職場に合わせた内容になっているかどうかを確認しながら書くようにしてくださいね!