人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 歩いて見つけた個人経営のアジア雑貨屋でアルバイト

歩いて見つけた個人経営のアジア雑貨屋でアルバイト

baito01


アジアン雑貨が好きで個人経営のアジア雑貨屋でアルバイト

はじめは求人情報雑誌のアンやフリーペーパーのタウンワークを見ていましたが、イマイチ店の雰囲気が分からず、駅周辺を歩きながら気になる店を1件1件直接見て、販売スタッフ募集の求人の貼り紙があれば店員さんに直接聞きました。

そして仕事することになった勤務地は、大阪市内にある小さな個人経営のアジア雑貨屋です。昔からアジアン雑貨やアジアンインテリアが好きでよく買い物をしていたので、自分も雑貨販売スタッフになりたいと思いました。

そこでは1日9時間勤務の、昼休憩が1時間でしたがシフトも休憩も自分達で決めていたので長いと感じた事はありませんでした。

時給は800円で、給与は月で13万位でした。

プレゼント用の雑貨をラッピングするのが楽しかった

フランチャイズでない個人経営の店舗なのでディスプレイなどの店作りは一から全て自分達で仕上げる経験も出来ました。

輸入雑貨を取り扱っており、店長が直接海外へ仕入れに行っていたので、私と他2人のスタッフの3人で雑貨ショップを切り盛りしていました。

値札を付けるの作業ひとつとっても、値札シールをどのような形にするかなど細かい事まで自分達の好きなように出来ました。

しっかりとした決まりが無かったのでシフトも3人で決めていました。

アジア雑貨が好きなお客様と一緒に商品を選んだり、たまにどうやって使うのか分からない雑貨があれば説明したりと、3人共が店長気分で働く事が出来ました。

雑貨なのでプレゼントにする方も多く、ラッピングするのも楽しかったです。

器用では無いので上手く出来ない時は焦りましたが、上手く出来た時にお客様に「かわいい!」と褒められると凄く嬉しかったです。

商品自体がもろくて、お客様からクレームが来ることも

個人経営なので商品を仕入れるのは店長です。

つまり店長の目利きを信用するしかありません。

できるだけ安くて良い商品を仕入れるのがベストなのですが、たまに開けた瞬間に壊れている物があったり、商品として出せない状態の物が入っていたりするのが残念でした。

中でもやっかいなのは、日本製では無いので飾っている間は大丈夫でも商品自体がもろくてお客様が購入されて自宅に飾ろうと思って出した瞬間に壊れてしまった、というクレームが何度かありました。

謝罪して返金又は別の商品との交換になりますが、ほとんど一点ものになるのでせっかく気に入って購入されたお客様ががっかりしているのは悲しかったです。

トラブルがあっても誠意ある対応を

雑貨屋さんに足を運んでくれるお客様は、コレが欲しい!と凄く気に入って購入される方が多いです。

どこの雑貨屋さんでも、何かしらの理由で返品や交換しなければならないこともあります。

その際、在庫が無かったり一点もので同じ商品が無かった場合などは、いかに納得してもらえるかが重要になります。

似たような商品をすすめて納得してくれる方や、返金で納得してくれる方、別のお勧め商品を代わりに購入して納得する方など。

トラブルがあっても、対応によってまた来たい店になるか、もう行きたくない店になるかが決まります。

雑貨屋さんは趣味で来店される方が多いので、この対応はとても大事です。”