人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 採用されやすくなる志望動機を書くために……企業が求めている人材像を想像するコツ

採用されやすくなる志望動機を書くために……企業が求めている人材像を想像するコツ

ID2103

応募した仕事に採用されやすくするためには、履歴書に書く志望動機はとても大切です。

書類選考がある場合は、志望動機がきちんと書かれているかどうかはかなり重要ですよね。
また、面接の際にも履歴書に書いたことをもとにして話せば良いので、緊張しているときでもスムーズに話しやすくなります。

採用されやすい志望動機を書くためには、企業側が求めている人材像を知ることが大切です。
いくら熱心にやる気をアピールしていても、企業側が求める人材像とのズレがあると採用には至りにくいです。

そこで、ここでは企業が求めている人材像を想像するコツを紹介したいと思います!

求人情報にヒントがある!

求人情報には、いろいろなことが書かれています。
しっかり読み込んでいけば、企業側が求めているものが何なのかが分かってくるはずです。

企業が求めている年齢層

一部の仕事を除いては、今は年齢制限をしてはいけないことになっています。
昔なら「20歳~25歳ぐらいまでの方」のように年齢を限定して書いてあったので分かりやすかったのですが、今は書いてはいけないことになっているので難しいです。

でも、その場合も必ずヒントは書いてあります。

「20代女性が活躍している職場です!」と書いてあれば、それは20代の女性を求めている、ということになります。
年齢が限られる理由はさまざまですが、たとえば「若い女性のお客様が多いので、同年代の女性に働いてもらう方がいい」などの理由もあるでしょうし、もしくは「主任が30代だから、それより年下の方がうまくいきそう」なんていう理由もあるのかもしれません。

また、「キャリアを活かして人材育成に関わっていただきます」のように書かれていれば、比較的経験豊富な年代の人を求めている、ということになります。こういった書き方をしている場合は、業種や職種にもよりますが、30代~40代以上が対象になっていると考えて良いでしょう。

企業が求めている性格

職場によって、求めている人材の雰囲気、というものがあります。

「地道にコツコツ作業するのが好き!という人におすすめの仕事です」と書かれていれば、つまりは「新しいことをバンバンやるようなところではないですよ」「地味な作業でも黙々とこなせる人が来てほしい」という意味だと解釈できます。
書かれている内容によって、バリバリ働きたい人向けなのか、それともコツコツ働きたい人向けなのか、ということがわかると思います。

企業が求めている働き方

もし、あなたが「プライベートの時間はしっかり確保したい」と思っているなら、「残業一切ナシ」「完全週休二日制」というように書かれているところがおすすめです。

反対に、「バリバリ働いてガッツリ稼ぎたい!」と考えている人は、「残業あり」と書かれているところや「幹部候補募集」のように、キャリアアップできそうなことが書いてあるところを選ぶと希望に近い仕事を選びやすくなります。

企業のホームページも見てみよう

その企業のことを知るためには、求人情報を見ているだけでは分からないこともたくさんあります。

そこで、ホームページを見てみるようにしましょう。
企業ホームページや、顧客向けホームページなどを見てみれば、その会社の雰囲気や社員の雰囲気が分かるようになります。

就職したい企業ランキングの上位に並ぶような「三菱東京UFJ」とか「JTB」のように超有名企業であればある程度雰囲気は分かるかもしれませんし、アルバイトで人気の「東京ディズニーランド」や「無印商品」などは接客の様子もよく知っているわけですから、なおさら想像しやすいですよね。

でも、そうでない企業の場合は、しっかりリサーチしておくことが大切です。
飲食店の場合は食べログなどの口コミ情報も含めてチェックして、企業が求めている人材を想像するのに役立てるようにしましょう。

そうやってしっかり見てみると、企業がどのような人材を求めているのかが分かりますし、それが分かればより採用されやすい志望動機を書くことができます。
みなさんも、履歴書を書く前にぜひしっかり考えてみてくださいね!