人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 土日に都内で模試や資格試験などの試験監督のアルバイト体験談

土日に都内で模試や資格試験などの試験監督のアルバイト体験談

baito09

試験監督のアルバイトは休日に早朝からの業務

都会で一人暮らしをするのは非常に厳しいもので、なかなか自分の自由に使えるお金を用意できなかったので思いきって副業をすることにしました。

私の会社では、業務に支障が出ない限り副業は認められており、土日など会社の休日にできるアルバイトを探してみることにしました。都内各所で土日に開催される模試や資格試験などの試験監督の仕事を行うことにしました。

マイナビに登録して、求人情報が掲載されているウェブページから検索しました。

そこでは募集している求人情報やメールが届くので、自分の都合にあった業種をそこから探したり、メールの配信内容を自分の希望する職種や条件に限定することもできたので、試験監督のアルバイトをすぐに見つけることができました。

試験監督バイトは、朝7時集合の14時解散がメインでしたので、雇用形態は時給にして1,000円程度。毎日7,000円くらいの収入がありました。ただし日曜日しか行われないことと、社会人の登録者が多いため、必ずしも参加できるわけではないですし、勤務地までの交通費は支給がなかったので、試験監督アルバイトは安定感がありませんでした。

私が試験官のアルバイトをしてみてよかった点は、子供が真剣に学習しているのを見れたことです。

懐かしい光景で、私もかつては模試の度にこれだけ緊張して試験に挑んでいたのかな、と思うと密かに「頑張れ!」とエールを送りたくなりました。

大変だったことは、試験会場への集合が早朝だったことです。仕事内容としては試験開始が遅くとも9時くらい、早ければ試験は8時台から始まるので、会場設営もしなければならず、最寄り駅に6時台に集合しなくてはなりませんでした。

朝型とは言い難い私にとっては休日にそこまで早起きしなくてはならないことが非常に辛かったです。また、土日に遊びに行くということがあまりできなくなってしまい、早朝に家を出て、昼過ぎに試験監督を終えて帰ってくるとその日はもう何もできませんでした。

ネット募集の媒体は自分の都合に合うアルバイトを見つけやすい

試験官バイトは、都心部ならある程度条件を選ばなければ働くところはいくらでもあります。

特に社会人は土日が時間があることも多いと思いますので、短期バイトとしてちょっとしたお小遣い稼ぎ程度にはちょうど良いのではないでしょうか。

ネット募集の媒体、アルバイト情報サイトは他にもたくさんあり、前日に応募できるものまでありますので忙しい方でも都合よく働く場所を見つけることができたりします。

試験監督アルバイト情報から探してみると良いでしょう。