人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > デザイン会社からバーテンダーに転職

デザイン会社からバーテンダーに転職

626

バーテンダーのようなプロフェッショナルな仕事をしてみたい!

デザイン会社に就職していたのですが、趣味は仕事帰りにバーで飲んで帰ることでした。

デザイン会社では、残業ももちろん期限もハードでクライアントのお客様からの要求が多く、上司にもいつもプレッシャーをかけられ、いつも疲れていました。

とある日に「もう辞めてやる!」と思うような出来事があり、それを機に会社を辞めることを決意しました。

退職するまでの期間、次の仕事は何にしようか決め兼ねている時によく行くバーのマスターに「まだ若いのだから、失敗したとしても経験として君のためになるよ。怖がらずに思いっきりいろんな事に挑戦するといいよ」と言っていただきハッとしました。

元々バーという場所や雰囲気も好きだし、なによりバーテンダーのようなプロフェッショナルな仕事に挑戦してみたいと思いました。

行きつけのバーのマスターに紹介してもらい転職活動

バーということもあり、バーテンダー募集などの求人はなかなか掲載されておらず、募集があったとしてもガールズバーのようなところのみ・・。募集スタッフの店舗があっても、ホールスタッフやキッチンスタッフばかりでした。

またもやいきつけのマスターに相談し、紹介していただくことになりました。

マスターはバーテンダーとしての技術や知識、人柄、接客スキルの実務経験が豊富で何より多くのバーとの繋がりもあり、信頼できる方だったということで、またとないチャンスだと思いお願いしました。

履歴書の書き方をおさらいし、頑張って履歴書を作成しました。

そして面接の時にどうやって熱意を伝えられるかよく考え、チャンスを逃してはいけない!と思い、一人で面接の練習しました。

体力的にきついけどお客さんの喜ぶ顔が見られ充実した仕事

前職と違い体力的に辛いことがたくさんありましたが、その分お客様とのつながり、地道な技術の鍛錬、目の前でお客様の喜ぶ顔が見れることは大変良かったです。イレギュラーな事も多く、その出来事ひとつひとつが印象的で、とても充実した仕事でした。メニュー開発するのも楽しかったです。

やはりお酒の提供をする場所という事もあり、酔って絡んでこられる方、店内で暴れるお客様も稀にいて、その対処は大変でした。

年齢も少なからず関係してくるとは思いますが、何より自分が楽しめ、打ち込めるか?という職種が大事だと思います。

お給料や待遇が良いということも転職を希望する大事な要素かもしれませんが、そればかり重視していても結局、実際に仕事を始めると辛くなってくるかもしれません。

まずは自分と向き合い、どんな事をしたいのか?考えてみた方が良いかと思います。