人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > カフェのパートから保育園の給食調理場へ転職

カフェのパートから保育園の給食調理場へ転職

586

ハローワークの女性専用マザーズハローワークを利用し転職

カフェでキッチンのパートを始めてから1年が過ぎた頃でした。確かに子どものことで抜けたりと迷惑は掛けていますが、割と自由に時間の調整が出来るので助かっていました。

ただ、仕事内容がコックさんが別にいるので、調理の準備などが主な仕事でした。メイン料理などは作らせてもらえず、またもう少し自分で責任感のある仕事がしたいと思うようになりました。

そこで転職を決意しました。

メインはハローワークで探しました。インターネットの求人サイトにも登録し、毎日チェックしていました。

また女性専用のマザーズハローワークにも行き、子育てと仕事の両立ができるような仕事も探しました。

子どもを抱えながら、また今の仕事も続けながらの転職活動でしたので、なかなか時間が作れず大変でした。

平日に主人の休みがあれば、子どもをお願いして仕事探しにハローワークに通いました。

保育園で給食を作る調理場の仕事

ある日の求人で家の近所の保育園で給食の調理場の求人を発見しました。これなら子どもがいる事情を考慮してもらえるので、すぐ面接していただきました。カフェでの調理経験があったせいか、すぐに採用となりました。

まだパートとは言え、責任ある仕事を任せてもらえます。

また2年ほどパートとして働き、調理師免許を取らせてもらい、その後は正社員への採用も考えてもらえています。カフェの時とは違い、子どもたちの栄養面も考えたメニュー作りなのでとても勉強になっています。

転職先で嫌だと思う事は特にありませんが、人間関係が一番難しいと思いました。

主に女性の職場であり、保育園という狭い世界でのこと。色々ありますが、そこは頑張るしかありません。でも同じ女性同士、母親同士で先輩方からアドバイスをいただけるので助かっています。

諦めずにまずは自分が出来ること、得意なことを集中してアピールすることです。また正直に経歴などを話すこと。特に子どもがいる場合は尚更、会社に迷惑を掛けてしまうこともあるので、具体的に面接時にしっかり伝えましょう。

その上で、精一杯のやる気を見せることが、トラブル回避でもあり誠実さをしっかりアピールできる方法だと思います。