人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > ITバブル崩壊後にパソコンのセキュリティ会社へ転職

ITバブル崩壊後にパソコンのセキュリティ会社へ転職

588

携帯のプログラムができることと就職できることは別問題

転職の一番の理由は給料の安さでした。当時は手取りが22万円でしたが、正社員で30過ぎてこの金額はモチベーションが下がります。

結婚も考えていましたが、この金額ではできません。せめて正社員なら30万円は欲しかったのですが、当時は企業も不況でITバブルも崩壊しており、プログラマーとしては悩みました。

勤めていた会社名は公表できませんが、業績自体は良かったので尚更迷いました。しかし、リスクを承知で仕事の安定を捨てて人生最大の賭けに出ました。

全て取扱人材紹介会社任せで転職先を探しました。人材紹介会社が紹介してくれる会社に履歴書を書いて、人材紹介会社の人が修正し、清書して転職先の企業に送り判断を待ち、上手くいけば転職会社を通して面接の日時が分かります。

その後は面接対策をしてその会社の求人情報や攻略法など伝授されて面接に臨みます。面接は基本的に1対1ですが中には複数の面接官がいての面接もありました。

この一連の流れを繰り返すのが転職活動です。転職はやはりと言うべきか苦戦しました。

プログラマーは飽和状態で、それでいて携帯アプリゲームが流行の真っただ中でしたから、私みたいなパソコンに特化したプログラマーの経験は全くと言って良いほど求人がありませんでした。

携帯のプログラムは一朝一夕でどうにかなるものではありませんが、経験や勉強するしかありませんでしたから、死にもの狂いで勉強しました。

携帯のプログラムができることと就職できることは別問題ですが、それでも仕事の為、必死に勉強しました。

プロジェクトの中心となり、携帯アプリの開発に邁進しています

結局パソコンの情報セキュリティー会社に入りました。

携帯の勉強は全く面接時には聞かれずに、履歴書で強調した内容なのに全く活かされなかったのは残念でした。

しかし、実際に入ると携帯のセキュリティーは今最もセキュリティ対策で需要がある分野です。そこで勉強した内容が生きました。

今では正社員としてセキュリティエンジニアの中心となり、携帯アプリの開発に邁進して仕事しています。

給料も望んでいた30万円以上となり、ボーナスも前の会社よりも良かったです。リスクはありましたが、転職して良かったです。

敢えて言えばもう少し勤務時間の管理をしていただきたいです。社員ならではのサービス残業に近い状態が時々あります。

企業に何か期待するよりも自分が何ができるのかを真剣に考えたのが転職サイトででした。

転職とは今までの価値観が吹き飛ぶものでもあります。しかし、同時に真剣に自分の現実的な能力と向き合う大事な機会でもあります。企業に「自分」と言う商品を売り込むのが転職です。