人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 地方から東京のシステム会社へ転職

地方から東京のシステム会社へ転職

596

知り合いの社長に相談して転職

私が所属していた開発エンジニア部を解散し、一緒に働いていたプロジェクトの上司や部下と私だけが離れていくという噂が飛び込んできたので転職を考えはじめました。地方でのシステム開発はなかなか売上が上がらない、売上が上がるのは東京本社の仕事だったので、それなら東京本社へ転職して頑張ろうと考えました。

前職の会社で発注元だった会社の社長と知り合いだったので、転職を相談しました。

特に転職活動を行ったわけではないのですが、前職の上司やその上司も一緒になって、転職先の社長に一緒に挨拶へ行って下さった事を覚えています。

思うように仕事ができてよかったが、利益優先の考えはイマイチ・・・

環境は変わってないのですが、メーカーや大手企業の担当者と直接会話ができるようになったこと、当初は研究開発が主だったので売上も云々言われることなく経験を生かし自分の思うように仕事ができたことが良かったです。

昨今はどこも運用が厳しく社長も入社当時とは考えが変わり、仕事内容も利益優先になってしまい思うように人材を集められなくなったことはイマイチでした。

また、情報システム会社の本社ならではの会社の風土(大企業やお役所様)も私には合いませんでした。

社長や部長まで天下りで入ってくるので、その人たちの間接費用が直接自分達の利益を圧迫していることに気づきました。

転職先の本質を見抜くことが大切

転職する前に転職先の風土や環境をしっかり見極めて下さい。自分が本当にしたい仕事がその会社でできるか考えて下さい。

社内システムなどはホームページに掲載されていることや面談(面接)だけでは、なかなか分かりません。希望する企業を訪問することがあれば、その時少し周りを見て下さい。

「ご苦労様です」、「いらっしゃいませ」、「こんにちは」とか大きな声で挨拶していただけるような企業は、明るくみんなやりがいを持ってやっている企業は成長企業だと思います。モチベーションが上がっている会社なので転職者の方におすすめです。

逆に暗い雰囲気の(だれも挨拶してくれない。社内の皆、机に向かってコツコツと仕事している、誰も無駄話をしていない)会社は、モチベーションの低いトップダウンの会社です。そのような会社はおすすめできません。