人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 中国語を学び日本語学校教師として中国へ転職

中国語を学び日本語学校教師として中国へ転職

607

語学勉強で中国のある大学で中国語を学びました

今の仕事である日本語教師の前にやっていた仕事は、市役所の公務員でした。大学で土木工学を学び、卒業後に東北地方の過疎化が進んでいる市の採用試験に合格し就職しました。

仕事内容は、公共工事の積算や工事の監督でした。直接市民の方々の福祉に貢献しているという実感がありやりがいがありました。

しかし、職場環境が合わなくなってきました。公務員という環境のせいか向上心がない人が多く、仕事に対する熱意がない人が多かったです。定年までこの仕事を続ける価値が見出せなくなり、そこで昔から興味があった海外での生活を考えるようになりました。

そして、海外で日本語教師として働きながら外から日本という国を見てみようと思い、転職することにしました。

転職する前に、まず2年間語学留学をしようと思い、中国のある大学で中国語を学びました。その期間に知り合った中国人の方から紹介してもらい、個人経営の日本語学校の講師として勤務しています。

中国で人気がある言語は英語ですが、日本語学習者も多く、日本語教育の需要があります。ですから特別に日本語教師資格・教師経験がなくても日本語講師として採用してもらえます。

中国は日本よりも衛生面で良くない面が多くあります

私の場合は、まず中国語の勉強というのが最初の目標でした。

しかし、その後に教師の求人情報が必ず見つかるかという保障がなかったので、多少の不安はありました。私の友人で、私と同じように語学学校で日本語教師をしながら中国で生活している人もおり、何とかなるだろうという楽観的な気持ちだったのも良かったのかもしれません。

収入面では以前の仕事の方が良かったと思います。しかし、転職したことにより得た経験、そして今海外で生活していて日々感じている楽しさや驚きといったことを考えると転職して良かったと思います。

また、日本という国を外から見ることができるのも良かったです。

中国は日本よりも衛生面で良くない面が多くあります。それで、人によっては現地での生活にストレスを感じるかもしれません。私も最初の半年はけっこう大変でしたが、今はもう慣れました。

仕事に生きがいを求めたい人であれば、私のような転職もありかと思います。とはいえ、収入面で不安定なところもあるので、経済的な安定を求めるのであれば、正直あまりお勧めできません。