人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > アルバイトからライターへ転職した体験談

アルバイトからライターへ転職した体験談

613

高校中退後社会に出ることに

24歳の女性です。大阪で4人兄弟の長女に生まれました。
いきなり明るくない話ですが、私は中学生のとき不登校になってしまいました。
高校には進みましたが、やはり学校の空気が合わないと感じ、1年留年した末に自主退学をしました。17歳のときです。

同学年の人たちより早く社会に出ることになりましたが、まずは17歳で働けるアルバイトが少なくとても困りました。
たまたま地方求人誌で見つけたクリーニング店で働きだして1年半後、14歳の時からブログ記事を書き続けていたこと、また学生時代も国語が一番の得意科目だったこと、そして読書・文章を書くことが好きだったこともあり、某大型書店にてアルバイトを始めることになりました。

その後さらに「転職しよう」と正社員を目指し、上京。
たまたまフリー編集者の事務所に入社できることになり、そこで編集ライターとしてのライティングスキルを身に付けました。
しかし、雇用してくれた編集者の方が経営難に陥り本当はもう少し仕事を続けたかったのですが、新しい職場を探すことになりました。

経営者に紹介された編集プロダクションへ転職

経営者の知り合いの編集プロダクションを紹介していただけました。
ただ、その編集プロダクションがハローワークに求人を出していたので、私も形式的にハローワークから応募することになりました。
経営者との関係が良好で、私も真面目に仕事に取り組んでいたからこそ、そうして紹介・採用していただけたのかなと思います。

転職を決める前は「2ヵ月後に退職してほしい」と言われ、とても焦りました。
経営者が一緒に転職活動を手伝ってくれたものの、もちろん最終的には私の仕事となるわけですから、自分が「必ず転職を成功させないと!」という意識を持たねばなりません。

ハローワークにもそのときはじめて求職相談をしましたが、思ったよりも丁寧な対応をしてくださり驚きました。
ただ、やはり新宿や池袋など都心の多忙なハローワークは、担当者の対応がやや冷たかったです。
私は東京23区の端の方に住んでいたので、自分の地域の管轄のハローワークを中心に活動しましたが、管轄のハローワークは都心と比べると親切だったかなぁと思います。

充実した毎日だったが給与はだんだん減り・・・

転職活動、編集業務、編集スタッフの方々など、新しい経験・出会いが沢山ありました!
入社して充実した毎日が待っていました。

紹介で転職したので「イヤ」とは言えなかったのですが、月給が格段と減りました・・・
結果それで辞めることとなりましたが、会社の方々には「やはり少ないよね」とご理解いただき、感謝しています。

転職を思い立ったとき、長く続けられるか続けられないかよりも、希望に合う転職先を見つけられるかが一歩成長するためのコツなのかなと思います。がんばってください!