人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 外資系のアパレルブランドで契約社員勤務の転職体験談

外資系のアパレルブランドで契約社員勤務の転職体験談

590

正社員で働きたいと思い、外資系アパレル販売スタッフから転職

大学卒業後から約3年間、外資系のアパレルブランドで販売員をしていました。

仕事は顧客相手の商売でしたので、次第に「自分の世界がこれ以上広がらないのではないか?」とに思うようになりました。

また、雇用形態が契約社員だったので、出来れば正社員で働きたいという思いと、販売職以外の業種で新しいことをしたいと思うようになってきたのが、転職を決意した理由の一つです。

転職活動は、転職キャリアアップサービス会社に複数社登録し、ネットなどでは見つけられない求人情報を見つけることが大事だと思い活動しました。

自分では探せない、転職サービス会社でしか紹介されない求人もあるので、それだけでもメリットがあるといえます。

一度登録すれば、転職活動中に何枚も履歴書や職務経歴書を書く必要がありませんし、面接のスケジュール調整から、給与の交渉までサポートしてくれるので、働きながら転職活動する際には向いていると思います。

紹介いただいた求人に応募するかどうかは、自分の希望を尊重し、決めることができます。

私が転職した会社を紹介してくれたのは、リクルートエージェントでした。

エージェントの担当の方には「未経験の業種への転職は難しい」とあらかじめ言われていたので、覚悟していました。

約3カ月もの間、転職活動していたので何社か断られ焦りもありました。

選考が進んで行く中、この会社は自分と合わないな…と思い、内定をいただいたのに断ったこともありました。

しかしエージェントの担当者から「先方が気に入ってくれているので是非!」と言われ、焦りもあったので「まあいいか…」という感じで決めたのを覚えています。

転職したが1年で辞めてしまった。社風は入ってみないと分からない

転職して自信がつきました。未経験の業種の会社へ行くのはとても勇気がいることですし、選考をクリアして転職したのだから会社の期待も大きく、結果も出さないといけないという責任感もありました。

転職して感じたのは、外資系から日本企業に転職したので、正直社風に馴染めなかったです。

「残業は仕事が出来ない人がするものだ」という外資系企業から「残業しているのは偉い」という日本会社へ転職したので、結局合わず1年ほどで退社しました。社風は入らないと分からないので難しいですね。

転職を機にキャリアアップするためにも自分の希望する職種や業種の求人に出会うことが重要

転職活動をするというのは、多くの場合、仕事をしながらの活動になり、スケジュール的にも厳しい中の活動になります。

転職を機に、希望の条件や給与アップを目指し、キャリアアップをしよう、と思うのが正直なところだと思います。

そのためには自分の希望する職種や業種の求人を探し、積極的にアプローチしていくことが重要です。