人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > マーケティングの仕事へ転職!やりがいのあるお仕事です

マーケティングの仕事へ転職!やりがいのあるお仕事です

598

やりたかったマーケティングの仕事へ転職

私が転職をしようと思い立った理由は、その時勤めていた仕事がどうしても自分に合わなかったためです。

大学卒業時に人よりも就職活動を始めるのが遅かったことや業界研究が不十分で、自分の行きたかったマーケティングの仕事に就くことができませんでした。

秋前まで就職活動を続けてなんとか得たには中小企業メーカーの仕事でした。顧客と直接触れい商品を立案していく企画業務に就いたのではなく、事務的な業務ばかりでどうしてもモチベーションが上がりませんでした。

私の友人がマーケティング関連会社に勤めており、中途採用の求人募集が出ていると聞きました。

ベンチャーだったので、やりがいのある仕事ができそうだと思い、すぐに転職を決意しました。

実際、新しい職探しに時間をかけることなくすぐに決めることができたのは良かったです。ただ前会社から引き止めもあり、大きく何度か心が動かされました。

最終的に社長と1対1で飲みに行くことになり、自分がどれだけその会社に必要な人材だったかを実感しました。

社長の説得も心に響きましたが最終的に自分のやりたいことをやってみたいという旨を伝えると、逆に応援してくださり常に恵まれた会社に勤めていたのだなと思いました。

勤務時間が不定期、休日も土日ではないけどやりがいを感じてます

入社してみて当初社会人になってやりたいと思い描いていたことに携われることが、非常に満足です。

まだ先輩の付添人のような立場ですが、クライアント先へ行きヒアリングを行い、マーケティング戦略や場合によってはサービス内容を提案していけることにやりがいを感じています。

前の会社のままではどうしても型にはまった仕事しかできず、転職して自分の才能とやりたいことを生かしていると感じています。

今の仕事は、前職よりも仕事の勤務時間が不定期で休みの日も土日とは限らないところがやや不満です。

メーカー企業でカレンダー通りの休みがあったところから、今のような不規則な就業状況になると、やはり不満を感じるものです。とはいえ、自分の希望した職場に行けたわけですか、らこれくらいは我慢しなくてはなりませんね。

転職は時の運ですぐに見つかることもあればそうでないこともあります。

しかし自分自身の成長にも大きく繋がるので、実際に転職するか否かは別にしても転職活動は無駄な経験ではないと思います。