人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 50歳で脱サラしてラーメン屋さんへ修行!そして独立開業へ

50歳で脱サラしてラーメン屋さんへ修行!そして独立開業へ

607

50歳になると仕事が剥奪されて将来にも不安があり転職を

前に勤めていた会社が工場だったのですが、ライン作業の仕事で自由がなくお昼ご飯もまともに食べられないような仕事でした。さらに、夜勤もあり残業も多く、それでいて給料もそんなに高くなかったのが不満でした。

また、その会社では50歳になると工場での仕事ではなく更に給料の安くなる部署に配置されるので、将来にも不安があり転職を決意しました。

週末の広告のチラシ、ハローワーク、インターネットでの就職情報サイトを利用して次の職場を探しました。最終的には、自分のよく行く好きだったラーメン屋さんの求人情報を見て、未経験から修業することに決めました。

転職するにあたり、色々な職業があり悩みました。特に悩んだのが、好きな仕事をするのか?または、安定した収入が得られる職種にするか?です。最終的に自分のやりたい仕事を選びました。

独立してラーメン店開業しました

自分の好きな仕事を選んだことで、大変なことがあっても頑張れるのが良いと思いました。

あまり好きではなかった工場に勤めていた時は不満ばかりでしたが、好きな仕事をしている時は夢中になれ、待遇に不満を持つことがなかったです。

また、最近では独立開業して自分のお店を持つことができました。なんとか頑張って工場の時よりも収入も上がり良かったです。

ラーメン屋に転職し、下積みしている時は、給料が本当に安くて家族を養っていくのが大変でした。

また、途中入社なので自分より若い先輩に叱られるとかなり落ち込みました。

私の場合は、以前の職場環境に嫌気がさして転職を決めました。その後、自分のやりたい仕事を見つけて就職したのですが、最初は給料も減って非常に大変でした。

ラーメン屋経営は難しいし決して楽な道ではないのですが、やりがいがあって自分の好きなことだったので頑張ることができたのです。

もし、待遇のいい仕事の方を選んでいたら今のようなやりがいを持てたかは分かりません。

結果的に好きな仕事だから頑張ることができ、独立してラーメン店経営をするまでになれたのだと思っています。

だから、これから転職を考えている人には、待遇ではなくて好きな仕事を選ぶことをオススメします。