人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 体調を崩し保育士から異業種へ転職!人材派遣会社を利用しました

体調を崩し保育士から異業種へ転職!人材派遣会社を利用しました

613

保育士の仕事で体調を崩し転職することに

初めての就職は保育士として、地元の保育園に勤務しました。

長く続けれる仕事として保育士や幼稚園教諭を目指したのですが、現実は女性ばかりの職場でした。私の働いていた保育園では男性保育士がおらず、小規模保育園なので独特の人間関係に疲れてしまいました。

元々子供が好きで選んだ職業だけに、保育園の子供たちのための激務は気になりませんでしたが、何より困ったのが先輩たちとの関係です。

私ひとりが我慢すれば丸く収まるのなら良いのですが、子供たちに対する先輩方の態度は目に余るものがありました。

認可保育園ではなかったため、体罰をする先生、給食を無理やりに口に入れる先生、子供に自分の感情をぶつける先生、たまたま私の園にはそういった先生方がおられました。保育士不足の為、その人たちを辞めさせることもできないようでした。

他の保育士の方に相談したり意見を言うこともできず、子供達と先生方の間に入り、疲れ切っていた私は体調を壊し点滴を打ちながら仕事に通うような日々でした。心配した母が「保育士にこだわらなくても、他の世界も見てみたらいいよ。一生そこだけに縛られる必要はないんだから」とアドバイスしてくれ、思い切って新たな人生へスタートを切ろうと思いました。

新たな経験で多くの価値観を知り向上心も湧きました

保育士を辞めて失業保険を受給しにハローワークへ通っていた時、興味のある仕事を見つけました。派遣社員での受付事務の求人です。

今までとは畑違いの仕事に不安はありましたが「やってみたいと思うことには、チャレンジした方が良いよ」という友人のアドバイスもあり、すぐに履歴書を書いて面接を受け即採用していただけました。

今までの自分がいかに「井の中の蛙」だったか思い知りました。新しい体験ばかりで、出会いも多く、沢山の価値観を知りました。この体験はこの後のご縁の中にも大きく影響し、自分の小ささを知った分、自分の枠を広げようとしたことで向上心も湧きました。

派遣先が医療関係の事務の派遣社員だったので、若い間だけしか無理だと思ったので、その後、人材派遣会社に登録し、派遣社員として短期の仕事を紹介してもらいながら様々な資格の勉強をしていくことにしました。今は福祉関係で介護士の資格を勉強しています。介護の仕事も保育士同様やりがいのある職種だと思います。

仕事を好き・嫌いだけで選ぶのは難しいと思います。実際やってみないと分からない苦しさや喜びがありますからね。でもその仕事が合う・合わないは誰にでもあります。見極めて自分で積極的に動くのも良い選択だと思います。