人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > ハローワークとマイナビ転職エージェントを両方使っての転職活動

ハローワークとマイナビ転職エージェントを両方使っての転職活動

617

会社の人間関係がひどく、精神的に辛くなってきたので転職活動

私が転職を決めたのは、勤めていた会社の人間関係が良くなかったのが原因です。

そんなことで会社を辞めていいのか?と何度も自問自答しましたが、精神的に辛くなってきたため辞める決意を固めました。

転職活動には、ハローワークの職業相談とインターネットの転職サイト・マイナビ転職を利用していました。

ハローワークは近所にあり、マイナビ転職のサイトはインターネットで検索をし一番最初に出てきたサイトだったので見つけました。

そして、転職先を決めたのはハローワーク経由でした。

マイナビ転職も求人情報が多く良かったのですが、直に担当者と話をしながら進められるハローワークの方が自分に合っていた気がします。

転職活動は相談する相手や仲間がいなかったのが辛かった

転職活動での思い出は、辛かったことの方が多かったように思います。

それまでの職場は自分の希望というよりも、大学の就職課からの支援で決めた会社です。

学生時代の私は何でも人任せなところがあり、就職活動も就職課におんぶに抱っこで決めました。

そのため、相談する相手もおらず一人で会社を選んでいかねばならない事、そして同じように就活をしている仲間がいない事が辛くてなりませんでした。

また、相談出来る相手がいないからこそ、もう無職で生きていこうかなと思ったこともしばしばあります。

今思えば、人間関係に悩んでいた頃よりも疲弊していたと思います。

それと同時に、学生時代はよくこれで内定がいただけたものだと思いました。

本当はもっと人生って厳しいものですよね。

転職先は温厚な人が多く環境が良い職場

何とか採用された新しい転職先は、前の会社より環境の良い職場でした。

それなりに人が集まりますから、愚痴も飛び交いますし多少の文句も出ます。

しかし、基本的には温厚な人が多いので表立って人間関係がこじれている様子はありません。

色々と覚えることが多くて大変でしたが、環境が良いだけでこれだけ仕事が楽になるのかと驚いたのと同時にとても嬉しかったです。

前職とは全く違う職種なのでカルチャーショックの日々

私が転職して失敗だったかなと思ったことは、前の職場と全く違う業種に飛び込んだ事でした。

以前は出版関係の事務をしていたのですが、転職先は運送業です。

業種が違うと世界が違います。

こんな業界がこの世にあったのかと思うほど、カルチャーショックの日々でした。

もし、これが同じ業種であればもう少しスムーズに業務に入れたかと思います。

転職活動は一人での挑戦なので、気持ちをしっかり持つことが成功の秘訣

私の場合は環境が変わり戸惑いましたが、転職して本当に良かったと思っています。

もちろん、転職を決めるには勇気がいりましたし、とてつもない不安もありました。

しかし、それを乗り越える価値はあったと思います。

真剣に就活に取り組んでいなかった私が言うのもおかしい話ですが、学生の就活と転職は全く違うものです。

口コミサイトや掲示板などを利用して、情報交換をしながら進めれば気持ちは楽かと思います。

一人で挑むことになるので、気持ちをしっかり持つことが成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。