人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 人間関係に嫌気がさして生保レディに転職

人間関係に嫌気がさして生保レディに転職

618

転職先はハローワークにて探しました

以前勤めていた会社での人間関係に嫌気がさして転職しようと思いました。

転職先はハローワークで探しました。

女性で年齢をそれなりに重ねていると、事務で正社員として雇ってくれる会社を探すのはかなり大変でした。しかも、経験は多少あっても資格も特になく、身につけた技術名や経験もないから面接にこぎつけたとしても不採用の嵐。

それでもめげず、事務の求人情報を集め、ようやく見つけて採用されたのが保険会社の生保レディーの仕事でした。

転職して良かったと思うことは、職場内での人間関係の辛さが少ないところです。基本的に保険営業として大手企業などの外回りを1人で行うので、職場内で働く煩わしさがありません。

生保レディーは時間が自由に使えるのも良いところで、自分のペースで仕事をすることができました。

また、実力主義で生命保険の契約を取ってきたら給料が上がるし、取れなければ下がるというのがシンプルで良かったです。頑張れば頑張った分だけお給料が頂けるというのはとても魅力的でした。

他には私が勧めた医療保険によって、給付金を受け取ることができて喜んでくれたときは生保レディーの仕事にやりがいを感じることができてよかったです。

生保レディーの仕事が自分に合ってます

保険契約の毎月のノルマが結構大変で苦労しました。契約更新をする人がたくさんいる月は良かったのですが、新規となるとそうそう契約をとれるわけではありません。調子の良い時悪い時の波があるので月末になると焦ることが何度もありました。

あとは、新人の生保レディなども紹介して欲しいと何度も言われることが少しストレスでした。新規開拓したいという保険会社の考えはわかりますが、友人や知人にお願いするのは嫌でした。

私の場合は人間関係の悩みから転職を決めて、生保レディになりました。自分に合っている仕事でとても満足することができましたが、やはり生保レディなりの大変さもありました。

どんな仕事でも、楽なものはないと思います。だから、自分にとってデメリットの部分が耐えられるものに転職するのが一番だと思います。デメリットの部分に耐えられる仕事は、好きな仕事か自分にとってやりがいがある仕事しかないと思います。

転職する場合はその辺を考慮してみることをオススメします。